<< 「はしり」から「名残り」まで | main | Merry Christmas ! >>
名古屋でイタリア気分-1
 一ヵ月もブログをさぼってしまいました。怠けていたわけではなく、
ホームぺージでもご案内している陶器展の準備があり、11月はずっ
と工房に篭って制作しておりました。
 外食もせず、大好きなシャンパンもいただかず。食べないとブログ
が書けないのか!と突っ込まないでください。そうなんですよね、こ
ういう時こそ陶器の話や制作状況を書くべきですのに・・・反省して
おります。
 
 で、11月23日に搬入を終え、めでたしめでたし。これで解禁!
ということでその夜から美味しいもの三昧の日々です。今度は食べ歩
くのに忙しくてブログが書けませんでした。スミマセン!でも、もう
なんとでも言って下さい。このまま年末まで「食い倒れゴールデン月
間」で突き進みます。

 11月29〜30日は教室の生徒さんをご案内して、岐阜の研修ツ
アーへ行ってまいりました。普段は見せていただけない陶器工房や工
場を見学することが出来、とても勉強になりました。この件はまたコ
ラムでゆっくりご紹介します。ホントです・・・
 
 29日は名古屋のマリオットに宿泊し、せっかくですから美味しい
ものをと言うことでリストランテ・エストへ出向きました。名古屋か
ら東山線に乗って30分程、本郷と言う駅にあります。このエストは、
イタリアに本部があるヴォンリコルド協会に認定されたリストランテ
です。
 ヴォンリコルド協会のコンセプトは郷土料理を大切にするリストラ
ンテ、現在イタリアでは110件程のリストランテが認定を受けている
ようです。イタリアだけでなくアメリカや香港にも広がり、日本支部
は1998年に発足、料理研究家の長本和子先生が代表を務めていらっし
ゃいます。以前私が主催したランチセミナーで長本先生にお話をして
いただいたことがあるのですが、食材や食べることを大切に考えるイ
タリア料理のお話に、とても心をうたれました。

 さてさてエストのお話に戻りますが、お店に着くやいなや皆さんか
ら悲鳴に近い歓喜の声が。そこは、まるでイタリアにいるような雰囲
気なんです。それにちょうど季節とあってお店の至る所にオーナーが
イタリアから持ち帰ったと言うクリスマスのデコレーションがほどこ
され、どこもかしこも写真に収めたいという衝動にかられます。さら
に、壁には私たちが見たかったヴォンリコルド協会に加入しているリ
ストランテのオリジナルプレートがずらーっ・・・100枚はありま
したね。これには溜息が出ました。これほどのお皿が揃っているとは
驚きです。

 いただいたディナーはヴォンリコルドのスペシャルコース、この日
の為に特別に考えていただいたものです。とにかくお料理も、自然醗
酵のパンも、絞りたてのオリーブオイルも、どれもがVONOです。
 お料理の詳しいご紹介はまた次回に・・・。
 ¥¨¥1¥???¥? class=
| 美味しいおはなし | 15:00 | comments(0) | - | ↑TOP -
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE