<< ミモザ2017 ワークショップ | main |
奥渋 day vol.1 「ワインショップ a day」

JUGEMテーマ:グルメ

雑誌やTVで話題になっていて知ってはいたものの、あまり訪れたことがなっかった「奥渋エリア」まさか自分がこのエリアで仕事をすることになろうとは!

 住まいの葉山からほぼ2時間の距離。そこには遠いようでなんだか近い感覚がする。似ている点が多いからかな。それは、葉山も奥渋も、住民が住んでいる街を愛している。美味しいパン屋さんが多く、こだわりのレストランや食材店が多いというお洒落な感じなのに、どこかのどかでちょっと田舎の匂いもする。面白いなぁ、もっとこのエリアを知りたいなぁと思い、今年はこの街を色々探求しようと思います。奥渋散歩の1日、『奥渋day』お楽しみに。

 

 先ずは、このエリアへ行くきっかけとなったワインショップ『a day』のご紹介から。

 

aday

 『a day』素敵な名前でしょう。

 2005年に逗子にオープンしたワインショップは「心に残る日のための小さなワインショップ」をテーマにその名前をつけられたそうです。

 

 ここ、代々木公園駅から徒歩1分の代々木店は2011年10月にオープン。こだわりの地元民、土地柄多い海外からのお客様にも愛されて6年になります。逗子本店も代々木店も、ワイン好きのお客様に寄り添い、ワイン作りに情熱を注いでいる生産者に寄り添うことを心がけています。

 

 それが伝わって、フランスやオーストリアなどいろいろな国から生産者が訪問下さっています。

 今月も、2月11日(土・祝)シャンパーニュ地方より生産者、【アンリ・ド・ヴォージャンシー】パスカル&デルフィーヌ夫妻が来訪です。

 

 

 

 ワインは、自然派ワインを中心としたセレクション。中でもシャンパーニュの品揃えは必見!マグナムもダブルマグナムも!いわゆるビッグネームではなくこだわりのセレクションです。女性醸造家のラインナップにも力を入れています。

 

 

adayワイン2

 そして、こちらオーストリアのロイマーのラインナップも充実。

 

 フレッド・ロイマーは、オーストリア・カンプタールを代表するビオディナミ生産者の一人として知られ、毎年のようにオーストリアのベンチマークとなるグリューナー・ヴェルトリーナーとリースリングをつくりだすことで注目を集めています。

 

 日本とオーストリアの就航140年に「逗子とオーストリアの出逢い」イベントで、コラボラベルを出し、今回も新作の「a day.オリジナルラベル」が登場しました。

 このエチケットのお写真、なんだと思います? 実は、逗子の海なんですよ。こちらのワインの収益の一部が、逗子小坪漁港と海を守るために使われています。

 美味しいワインを飲むことで、地元の海を守れるなんて素敵ですよね〜。ワインの味わいも一層美味しくなる気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

adayワイン1 数あるアイテムの中で、私の今のお気に入りを選ぶとしたらこちらの3点。

 

 まずは左から・・・

【コルフォンド グレラ ヴェネト フリッツァンテ IGT NV】カーサ・ベルフィ
 イタリア、ヴェネト、グレラ100%

 柑橘系の香りとブリオッシュや酵母の香りが絶妙のバランスで深い味わい、癖になりますね。こちら、マグナムもあり、マグナムはアンフォラ熟成です。

 

 中央は・・・

【ゲヴュルツトラミネール プラエスリス 2015】グンフォフ
 イタリア、アルトアディジェ、ゲヴュルツトラミネール100%

 グンフォフの畑はシーリアル山の麓にあり、深呼吸すると身体がリフレッシュされる空気の美味しい素晴らしい環境です。同時に標高600m近い急斜面で収穫作業も大変なうえ、夏は地中海性気候の影響で暑く、冬はイサルコ渓谷から吹き下ろす冷たい風で脳みそまで凍りそうな、人間には大変厳しい土地でもあります。でも、その環境が果実味たっぷりの葡萄を育て深い味わいのワインとなっているのです。

 エレガントな雰囲気ながら、厳しい環境を生き抜いてきた、内面は強い女性のようなワインです。ゲヴュルツ好きの方、ぜひ!

 

 

 

マチュー ダイス そして、右は・・・

 【ピエール・ソヴァージュ 2013】ヴィニョブル・デュ・レヴール

 フランス、アルザス

 ピノ・グリ 50% ピノ・オーセロワ30% ピノ・ブラン20%

 こちらも土壌から感じるミネラルの強さ、そこに深みある綺麗なピノ・グリの味わい。クールビューティー、いや、もっと穏やかかな。

 

 こちらの造り手は、なんとあのドメーヌ マルセル ダイスの当主のご長男マチュー・ダイスさんです。代々木店にもご来店下さいました。とても穏やかなお人柄で、食とマリアージュするワイン造りを目指していらっしゃるそうです。

 

 その時のお写真がこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワインと一緒に、ワインにぴったりのデリも充実です。adayデリ

 

【牡蠣のバタースプレッド】そのままパンに付けて召し上がっても、オリーブオイルでのばしてパスタソースにしてもgoodです。ドレッシングにも、少し加えるだけでいつものサラダがグッとバージョンアップします。

 

【牡蠣のオイル漬け】さっぱり風味の(レモン)と、ガーリックもきいてスパイシーな(ペッパー)2種類。そのままでアンティパストにおススメです。先日こちらを使ってオムレツを作りましたが、とっても美味しくてハマりそうです。

 

【バーニャカウダ】ピエモンテ方言では、熱いソースの意味です。寒い日は、まさに熱くして野菜にたっぷりつけて。身体が温まりますよ。

 

【鯛のふわふわオニオン】大好評でリピーター続々の人気デリです。

 

【特製グリッシーニ】チーズの香りがなんとも、香ばしくサクッサクです。これとワインがあれば、素敵なアペリティーヴォに。

 

 

adayチョコ2 adayチョコ1
 

 バレンタインシーズンにおススメは、こちらの2点!

 オーストリアのオーガニックチョコレート【zotter】 と ドライレーズンをソーテルヌに漬け込んでカカオ70%のチョコレートでコーティングした【レザンドレ・オ・ソーテルヌ】 

 昨年プレゼントにと購入しておいて自分で食べてしまったので、今年は初めから自分用も買わなきゃ。お気に入りはストロベリーとシャンパーニュかなぁ。

 

 他にも、マルケのパスタ、マンチーニや、オリーブオイル、美味しいマスタードなどもありますので、ぜひ覗いてみてください。

ワインや、商品について、詳しくはこちらから → a day

 

 そして、そして、3月にはミモザ好きにはたまらない、女性ならときめいてしまう素敵なイベントもありますよ〜!!ぜひこちらもチェックしてくださいね。

 3月4日(土)は私も会場におります。春の入り口で、ミモザとワインのひと時をご一緒できたら嬉しいです。

Mimose Fest 2017  

Mimosa Fest 陶器絵付けday 

 

 次回奥渋dayも、またまた美味しいつもお店を訪ねます。どうぞお楽しみに。

 

 

| 奥渋day | 03:17 | comments(0) | - | ↑TOP -
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE