<< ITALYの筆 | main | 葉山の小正月 >>
文様で旅する古今東西

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 日本の美術大学でいわゆる日本の陶芸を学び、卒業後7年ほど日本の食器メーカーのデザイン部で和食器や洋食器のデザインを手がけました。その後イタリアへ渡り2年ほどイタリアの陶芸を学び、帰国して自身の工房のを開いたのが1998年。それからずっと、イタリアで学んだMaiolica(マジョリカ焼)をベースに制作活動と教室をやっています。

 

 始めた頃は、イタリアでなくちゃという力みもあったかも知れません。イタリアのパターンや色合いを意識して「イタリアっぽい」ものを作っていたように思います。その頃、今から19年前はまだ日本でイタリアのMaiolicaをやっている方がほとんどいらっしゃらなく、材料も資料も自身でイタリアに買いに行くか取り寄せるしかなくて、年に3〜4回はイタリアへ買い出しに行っていました。大変でしたがそれがまた面白く、ますますイタリア陶器にハマりました。

 

 

 

 

 

 

 

 イタリア陶器の伝統的なパターンは興味深く、そこには地方性がはっきりと見られることから、イタリア陶器を研究するとその土地の歴史や地理が読み取られ、イタリアの今と過去を旅しているような気持ちになります。

 

 その伝統的なパターンに魅せられている頃に、お世話になっている方からお声をかけて頂き、ハイアット リージェンシー 東京にて個展を開催させて頂きました。

 2012.11.20〜2013.1.31 

 〜イタリア陶器に見るイタリアの地域〜

 http://www.la-ceramica.com/news/1612/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蓮ポット

 この個展を終えてから、イタリア陶器のパターンへの興味はさらに拍車がかかり、調べていくとイタリアの古典的なパターンと思っていたものの多くがイスラムや中国を発祥としていた事を知り、パターンそのものに興味を抱くようになりました。

 そんな時、大学で学んだ日本の古典柄と言うものの記憶が沸々と湧いて来て、面白くて面白くて・・・。

 

 昨年12月に、グループ展に参加する事になり、何を作ろうかなぁ思った時に、イタリアとかマジョリアとかの枠を気にせず好きなようにやっちゃおう、と思い制作したのがこちらです。 

 

 富士山、めで鯛、蓮、そして、青海波文様。この青海波文様、おめでたい柄として器や着物にも良く使われ、日本の古典模様と思われていますが、辿っていくとペルシャ・ササン朝様式の文様が中国を経由して伝わったものです。同心の半円を重ねた単純な模様ですが、描いてみると、その間隔や大きさでどのような空間にも綺麗に配置出来る素晴らしい文様です。

 

 文様(パターン)一つで古今東西旅が出来る! 今年もいろいろなところへ旅して作品を作っていきたいと思います。

 

| 陶器のおはなし | 16:08 | comments(0) | - | ↑TOP -
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE