<< ポーランドと手吹きガラスと岡本太郎さん | main | 第5回イタリア研修旅行 〜2日め〜 6月15日 >>
第5回イタリア研修旅行 〜1日め〜 6月14日
 明け方4時にドバイの空港に到着。人もまばらで閑散としているだけにその大きさが余計に際立ちます。ヤシの木が生い茂る空港の建物はいったい何階分の天井高なのだろう。いったんホテルへチェックインしてそれぞれ各部屋で仮眠を取ってから観光をすることに。少しでも部屋で休めるのはありがたいな。軽く寝てから熱いシャワーを浴びれば元気モリモリ。さぁ、ドバイ観光!
ドバイ7つ星ホテル
 綺麗なアラビア海を見て眠かった目もパチリ。そこにそびえるは7つ星ホテル「バージュ アル アラブ」です。そのホテルとしての建物の高さも料金の高さも世界一と言われている。高いのに27階が最上階なのは全室メゾネットタイプだからです。アメニティは全てエルメス、それもスタンダードボトルだそう。宿泊の予約もしくはレストランの予約がなければホテルに入ることさえ許されないと言うセキュリティも厳しいホテルです。
 私は、もちろん宿泊したことはありません。が、以前友人と中には入ってみたいと27階のラウンジのアフタヌーンティーに行き、気絶しそうになりました。ゴージャスなロビーを抜けてエレベーターでラウンジへ、27階からの展望は素晴らしく、アフタヌーンティーの味はともかくボリュームはゴージャス。つい気分よくシャンパーニュを開けました、で空けまして、白ワインもいただきました。だってそのくらいボリュームがあったのですもの。食べ終わりカードでチェックし、友人と気分ウキウキ急上昇で帰りましたところ・・・エレベータの下降と共に撃沈した私達。2人でアフタヌーンティーが5万円でした。キャ〜。仕方なく「ま、一生に一度かもしれないからいいね・・・」と笑って済ませたあの日がよみがえりました。

 そんなゴージャスホテルや別荘地を見学し、いよいよ世界一のタワー「ブルジュ・ハリファ」へ。
ドバイタワー 

 ココには世界一のモールがあり、世界一の大きさのガラスで誇る水族館があります。このガラスはなんと日本製。それにしても何でも世界一が好きなのですね。
ドバイ水族館 

 世界中のブランドショップがあり、買い物好きにはたまらないモール。面白かったのはコチラ、回転寿しならぬ回転
デザート&サンドイッチ。日本のノウハウってすごいですね。
ドバイモール
ドバイタワーから
 そして、タワー展望台からの眺め。すごい!一度バブルがはじけたと言ってもまだまだ建設ラッシュで、2年後に完成予定のプライベートビーチ付きの別荘地やマンション、一棟平均価格1億円が全て完売というまさにバブリーな現象。
 ここは何かが生まれる街と言うより、お金や物を消費する街のような・・・少しはかない感じがしました。

 でも、いるだけでなんだか浮き足立ってしまうドバイ、旅先ですから難しいことは考えずバブリーな気分でまずは乾杯でしょう。これからの旅が何事もなく無事に、楽しく美味しく過ごせますように!!
ドバイ乾杯
JUGEMテーマ:グルメ
| イベント | 01:03 | comments(0) | - | ↑TOP -
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE