<< エトゥルスキ〜最後の晩餐〜 | main | 休日・・・晴れ >>
切り立てのパルミジャーノ
  天気の良い日曜日、キラキラ光る海を見ながら久しぶりに江の電に乗り稲村ケ崎へ。私の企画したランチセミナーにゲストとしていらして下さって以来、いろいろとお世話になっているピアッティの岡田さんから『パルミジャーノ、切るよ』とお誘いを受け、これは何としてでもいかなくちゃ!と出かけていきました。
 パルミジャーノを切るには、切りごろを見分ける目と熟練したテクニックが必要でそれはセレモニーのように大切なものと伺い、ぜひ一度見てみたいと思っていました。
 
 今回お伺いしたのは、お料理研究家の北村光世先生のお宅です。広いお庭にレモンの木やハーブが植えられているとても素敵なお家です。

 この日は、パルミジャーノだけでなく生ハムもカットしてくださり、まずは試食!
サンプルプレート
 ブルスケッタ、ルッコラ、生ハム、パルミジャーノ、そして北村先生の作って下さったライスサラダです。ライスサラダを最初は海苔で巻いていただき、次に生ハムを巻いていただきました。これがとってもマッチして美味しい。
 他にもお豆を煮たものにドライトマトやオリーブオイルをかけて。切り干し大根やかぶのお漬け物など・・・ん〜どれも美味しい。

パルミジャーノ&ナイフ
 そして、いよいよチーズカット。このプロっぽいナイフ、いいですよね〜。使うあてもないですが、欲しくなってしまいます。岡田さんがこれらのナイフを巧みに使ってカットが行われたのですが、カットの過程の詳細はピアッティさんのサイトでご覧ください。
 http://www.piatti.jp/merce/merce_parmigiano.htm

 切りたてのパルミジャーノは、パイナップルのような香りがしてとってもマイルドな味です。『これか〜この香りが切りたてならではなんだぁ〜』口当たりも優しく、後味も爽やか、いわゆるチーズ臭いというものは感じられずフルーティーさが舌に感じられました。

 北村先生やお集まりになった方々からはお料理や野菜作りなど楽しく貴重なお話を伺い、素敵な午後を過ごさせていただきました。

 
| 美味しいおはなし | 04:36 | comments(0) | - | ↑TOP -
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE