<< 工房より〜感謝をこめて〜 | main | 1 day lesson  〜2009 Spring〜 >>
いろいろな国から来た野菜
 観光地に住んだつもりはないのに、なぜか気がついたら周りが観光地に。横浜の変貌はすごい。私が中学生の頃は桜木町の向こう、つまりみなとみらい地区はざぶ〜ん、海でした。
 3連休で大混雑のみなとみらいを抜け出し、ひっそりと美味しいアンサンセに行ってまいりました。

 アンサンセは隠れ家のようなレストラン、いつもしっとりた時間が流れていて、とても心地よいのです。
 野菜やお肉など素材が新鮮で美味しいものばかり、それに加えオーナーのコレクションのワインはかなり興味をそそられるものばかり!
 
 季節がらフランスからのホワイトアスパラがあったのは言うまでもありません。他には日本の春を満喫させるお野菜をあれこれ、グリルやローストでいただきました。
 そして、写真のイタリアのロマネスクと中国の紅菜苔(コウサイタイ)。野菜好きにはたまらない品揃えです。
¥¢¥??1??? class=

 アスパラに合わせてオーナーがススメて下さったのは、ムニュフィノという葡萄の『ブラン・ド・シェーブル』 作り手はティエ・ブッフです。ここでちょっと面白い試みが。同じワインで、今開けたワインと2日前に開けたワインを比べて飲んでみることに。
 グラスに注ぐと一目瞭然。今開けたワインは少し若草色にはちみつ色がかかったかなと言う程度のうっすらしたものなのに対し、2日前のワインは黄金色です。
 もちろん味や香りは全くの別物。開けたてのモノはフレッシュな白い花の香り、青リンゴのような香りです。舌に含むと、はちみつのような余韻の甘さが感じられます。一方2日前のモノは、リンゴをローストしたような香り、舌の上でとろりとした甘さが感じられます。酸がちょっとたって来てお酢のような味もしてきますが・・・これ美味しい!
 ¥¢¥??¥?¥?lass=

 お肉はじゃ〜ん、千葉の鹿肉。「えッ、千葉?」と思った方、お試しあれ。猟をした方がお肉のことをわかったうえでその後の処理をしたか否かで、お肉の味はかなり変わるそう。これはこの冬何度か口にした鹿肉の中では一等賞です。
  ¥¢¥??iΕ1/4 ̄?

 これに、ベタではありますが1983年のジュヴレ・シャンベルタンなどをいただき、ちょっと寄って軽く食べてのつもりが、日付けが変わってもグラスを傾けているといういつもの惨事になりました。
| 美味しいおはなし | 17:00 | comments(0) | - | ↑TOP -
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE