葉山の小正月

 母の実家は、葉山の一色でかなり昔から酒屋を営んでいました。酒屋と言っても米や、塩、味噌なども量り売りしている食料品店のようだったそうです。当時は網元も兼ねていたので、取引先や網子さんの出入りも盛んで、年中行事はかなり大々的にやっていたと。

 

 時折母から聞く話しの中で、とっても面白いのは小正月のお話し。1月15日になると母が「今日は女正月だから、何もしませんよ。お寿司とりましょう。」と言うのです。いつもぼんやり聞いていたのですが、一度きちんと聞いてみようと、今日はゆっくり小正月の思い出話を聞きながら母と酒盛りしました。

 

 小正月って何かな?と、ネットで調べるといろいろ記述が見つかりました。なるほど、確かに母のいう小正月と言う行事があるようですが、地方ごとに様々な風習があるようです。

 これはあくまで、母の実家での小正月なので正式な風習ではないかもしれませんが、ユニークなので、書き留めておこうと思います。

  祖母が現役の頃までは、毎年盛大に行われていたようで、祖母が引退して本家の仕切りを他の方に委ねてからは時代にもそぐわなくもなり、年々小規模になっていったそうです。
 

 

小正月松 まず、お正月が明けて8日に門松をかたす際に、左右それぞれ松をひと枝ずつ残しておき、それを門松があった辺りの土にさしておくそうです。このミニ門松とも言える松は、小正月の15日まで置いておきます。

 

 1月15日、小正月、葉山では女正月の意味合いが強く、年末〜お正月にお客様で忙しい思いをした女性の労をねぎらう日でもあったそうです。

 

 午前中、早い時間に晴れ着を来た女将さん方が続々と母の実家に集まって来て、多いときは30人くらい、それはそれは華やかで活気があったと。皆が集まるとそれではと、馬堀海岸裏手にある安房口神社まで初詣に出かけます。なぜ安房口神社なの?と聞いたら、女性の守り神で海の守り神でもあるからだと言うことです。   

 

 お詣りから帰るとお座敷にあがって、そこからがすごい。食べて飲んでの大宴会が始まります。普段はそのような席は「女性と子供は奥へ行ってなさい」と言われますが、この日は、「男、子供は引っ込んでなさい」の勢いです。

 この日は、女性は何もしないので、男性の若い衆が台所でお燗をつけたり、お料理の上げ下げをします。

 

 そして、一通りお腹いっぱいになった頃に、別の広間へ移動します。と、そこには呉服屋さんが反物や帯を広げて待っていて、『初買い』が始まります。皆であれが良いわね、これが良いわね、と、お酒も程よく入っているので気前良く、バンバン買うそうです(コワイ・・・)

 女将さんの買いっぷりで、その家の商売状況がわかるとも言われるので、この日は買い過ぎても文句を言う旦那さんはいないそうです。(ホントかな・・・)

 

 初買いが終わると、再びお座敷に戻ってお粥やご飯を食べ、お茶を飲むと、リセット。お酒なんか飲んでません、何もしてませんのようないつも通りの涼しいお顔で、「それでは、今年もよろしくお願い致します」とご挨拶を交わし解散となるそうです。

 

 私は、実際に見た事はありませんが、母の話しを聞いただけでもワクワクします。晴れ着を着た女将さんがずらっと並ぶ光景、圧巻アでしょうね。見てみたかったです。

 

 写真のように、門松をかたしてもらった後も、松だけは15日まで飾っておく母の習わしは、きっとこれからもずっと続くのでしょう。イタリアや海外の興味深さに惹かれて外へ外へと向いていた私ですが、母や祖母、さらには曾祖母、祖先がどんな暮らしをしていたか、もっと知りたいし、出来るならその習わしを引き継いでいきたいと思う小正月の夜です。(食べて、飲んで、爆買いしたいだけではありません・・・)

 

 

 

 

                                    

 

 

 

 

 

 

| 葉山便り | 00:16 | comments(0) | - | ↑TOP -
根っこの階段
根っこの階段
 先週末から全国的に夏休みに入り、葉山もすごい人出です。一色海岸や森戸海岸などは、「砂浜が見えな〜い」という人の溢れ方。地元民はなかなか近寄れず、朝早く散歩に行くか、もっぱら観光客が帰った頃、夕暮れから海に繰り出して行きます。

 葉山、というと『湘南・海』のイメージが強いですが、葉・山というネーミングの通り山の多い地形です。平地が少なく海からすぐに山へと蹴り上がっていく、イタリアのリグーリアの地形に良く似ています。そこで私はリグーリア特産のミネラルたっぷりのバジルを葉山でなら育てられるかも、と目論み中ですが、このお話はまた次回。
 
 で、海が混んでいて近づけないこの頃は朝の散歩は山へ。近頃のお気に入りはこの根っこの階段コースです。この階段を根っこの具合をたよりに登っていくのはすごく楽しい。雨上がりなどはつるつる滑ってしまうけれど、だんだんコツをつかんで上手く登れるようになります。登りきってしばらく行くと仙元山の見晴し台に出ます。仙元山からの展望はまさに葉山を独り占め。葉山の街の向こうに相模湾が広がり、天気が良いとさらにその向こうに箱根、伊豆半島、富士山を見ることが出来ます。
 少し前に、小泉今日子さんが主演されて江の電沿線を舞台に繰り広げられたドラマ、そのラストの場面が撮られたのがこの仙元山の見晴し台です。ここでピクニックなど出来たら楽しいだろうな。もう少し涼しくなったらシャンパンを持って登ってこよう!

 夏は湿気が多く、今日の風景はモヤがかかっていて絶景とは言えないけれど、そんな夏の葉山を見下ろすのも楽しい・・「今日も暑くなるな〜、よし、今日も夏の葉山を楽しもう」
 

  
| 葉山便り | 08:31 | comments(0) | - | ↑TOP -
最高のロケーションなのに・・・
キャバン

 4月に葉山、森戸海岸にオープンしたカフェ。某アパレルの経営らしく、雰囲気もよく、ローケーションは抜群です。目の前に森戸海岸が広がり、サンセットは海の向こうに見える富士山と、そのまた向こうに落ちてゆく太陽を見送ることが出来ます。
 葉山の自宅から徒歩5〜6分ということもあり、ついつい通ってしまうこの頃ですが・・・何度と撃沈したことでしょう。これだけのロケーションなので、他のことで贅沢を言ってはいけません。が、飲み物、食べ物はいただけない。で、サービスはもっといただけないというか無いに等しいかな。
 つい先日も晴れた日の午後に訪れ、グラスのシャンパーニュを注文しましたら、「冷えたものがないのですがよろしいでしょうか」と。え〜、よろしい訳ないでしょう。こんな日に、というか、ぬるいシャンパーニュって!!仕方なく「白ワインは冷えたのがありますか?」と伺うと、「はい、大丈夫です」とスタッフの方。出して下さった白ワインは確かに冷えていました。ですがね、食器洗浄機から出したての温かいグラスに注がれて出てきました。
 「ちょ〜っとよろしくて?!」と言いたいところでしたが、こんな絶好の葉山日和になんか言うのもな〜っと、森戸の海を見ているとそんな気になって、またまた撃沈して帰宅しました。
 一度でいいから、このロケーションで冷えた美味しいシャンパーニュか白ワインなどいただいてみたいものです。

 


| 葉山便り | 23:55 | comments(0) | - | ↑TOP -
世界一の小屋
  先日『葉山の小屋』を見せていただきました。小屋と言っても私の住む家はホントの葉山の小屋、今回見せていただいたのは同じ小屋でも『世界一の小屋』です。
 
 先週ニューヨークでの授賞式の模様がニュースでも流れましたが、2010年プリッカー賞を受賞された建築家、妹島和世氏の設計された『小屋』です。プリッカー賞と言えば建築界のノーベル賞と言われる程権威のある賞、日本では丹下健三氏、槇文彦氏、安藤忠雄氏に続いて4人目、女性としては世界で2人目となる受賞です。
 妹島氏の作品は雑誌やお写真などでは拝見したことはありましたが、このように実物をじっくり拝見するのは初めて・・・圧倒されました。一見華奢な印象のキューブの建物は、中に入るととても安定感がありゆったりとした空間。シンプルな中にそれぞれのフロアごとに外との関係が細やかに計算され尽くされていて・・・フロアをつなぐ階段の織りなす空間がきれいでとても印象的でした。

 今回たまたまこの小屋のオーナーとお知り合いになり、見せていただくことが出来たのですが、この機会に心から感謝します。一流の、本当のプロの作品を目のあたりにして、しばらくぼーっとして森戸の海を眺めていました。

 この『葉山の小屋』は『新建築5月号』の表紙になっています。ぜひご覧になって下さい。
| 葉山便り | 15:56 | comments(0) | - | ↑TOP -
葉山芸術祭、準備中、その1
 ブログを書くことを忘れていたようなこの頃です。決してお花見三昧で飲み歩いていた訳ではありません。そうそう、教室の生徒さんから「先生のブログがご無沙汰の時は制作活動に没頭している時ですね」と言われたことが。そうなんですよ、さすが良くご理解下さっています。同時に20年来の友人からは「書く気があれば書けるでしょ」とも言われました。

 今年初めて葉山芸術祭に参加します! 友人やお知り合いの方がご自身のお店のスペースを快く貸して下さり、出展することが出来ます。展示をするといろいろご面倒も多いのに、「頑張って」と応援下さり、本当にありがたく、嬉しくて・・・。
 それでいつもの展示会にも増して、頑張らなきゃと、本当に制作に没頭しているこの頃です。

 皆様ぜひ、葉山芸術祭に!!お待ちしています。
詳しいご案内はこちら・・・
http://www.la-ceramica.com/newscolumn/index.html
青いタイル
制作中のタイル・・・お楽しみに
 
| 葉山便り | 00:06 | comments(0) | - | ↑TOP -
パンのお話
  葉山にはパン屋さんが多く、パン好きの私には嬉しい毎日です。白米なしで我慢出来てもパンなしの生活は3日ともたない私です。このパン好きは同居していた祖父の影響なのではと。祖父は明治生まれでいわゆる典型的な日本男児でしたが、朝はパンにコーヒー、それにトマトがないとだめという人でした。祖父に合わせて我が家の朝食は元旦を除いて364日パンという生活。パン好きにもなりますよね。

 さて、話は戻って葉山のパン屋さん・・・あまりにも有名なボンジュールに始まり、そこから分かれたプレドールブローニュブーランジェリーエスわかなぱんカムノパンなどなど。
 いろいろなパンがあるので、どこが一番美味しいとは簡単に言えないですね。これからゆっくり、あちこち、あれこれ食べてみなくては。

 で、今回はまずスタンダードなバゲットとクロワッサンにしぼり、葉山のいろいろなパン屋さんのものを食べてみました。それぞれ味覚には好みがあるので、ここからはあくまで私の感想・・・

 バゲットは、残念ながら今まで美味しいと思っていた都内や横浜のパン屋さんを超えるものには出会えませんでした。では美味しいと思っているバゲットといえば、横浜の戸塚にある,その名も バケットマンジェンヌ。ここのバゲットはおススメです。皮のさくさく感と中の程よい柔らかさ。焼きたてはもちろんのこと、翌日も美味しい!他にはパリから上陸したドミニク・サブロンヴィロンのバケットもお気に入りです。

 クロワッサンでは・・・葉山にありました。サンルイ島のクロワッサン、サクサク感とバターの香りがとっても美味しい。葉山以外では、先ほどあげたドミニクペニンシュラのクロワッサンも美味しいかと。それとポール! 1個189円であの美味しさはブラボーです。
 それとまだ食べていないのですが、気になっているのはエシレのクロワッサン。バターが美味しいのですから・・・と期待大。どなたか召し上がった方はご感想をお知らせ下さい。
クロワッサン
 

| 葉山便り | 01:53 | comments(0) | - | ↑TOP -
休日・・・晴れ
  久々の休日、気持ちよく晴れた土曜日。葉山を散歩しよう、と、その前にこの髪をどうにかしなきゃ・・・お正月に着物を着るのにヘアスタイルが決まらず、ばさっと自分で切ったままの悲惨な姿。まずはヘアサロンへ。葉山でのヘアサロンは今日がデビューです。知り合いからご紹介していただいたサロンへ、ちょっと緊張しながら出かけてゆきました。

 う〜ん、気持ちよかったです。『人と自然に優しい美容室』とありましたが、ほんとに・・疲れた私に優しい美容室です。シャンプーがきちんとしていて気持ちイイ!指の腹でキュッキュッと洗ってくれます。シャンプーが乱暴だったり、逆になんだかふわふわ触っているだけの洗い方だったりすると、「もう気持ち悪〜い」と思うのは私だけではないですよね。
 担当して下さったIさんはカットの後のマッサージもとてもお上手です。万年肩こりの私にはぐっと来ます。マッサージだけにでも通いたい・・・。

 綺麗に(ヘアスタイルが、です)なった後は、友人のお店、シチリア料理のピスカリアへ。ちょっと用事があって。でもここへ来たらやはり食べたい、ということで一人のんびりランチです。
ピスカリアランチ
 からし菜とまぐろのカラスミのパスタです。からし菜とカラスミ、合うんですね。これはまたやみつきになりそうです。食後にいただいたイチゴのジェラードも甘さと酸っぱさが程よく美味しかったです。

 「これから、どこ行くの? ヒマなら美味しいチーズケーキ屋さんあるから行ってみたら」とシェフの出雲さんが地図を書いて下さったので、テクテクと一色まで歩いて行ってみました。

コモンベベ
 コモンベベはチーズケーキの専門店。クープ・フロマージュといって半解凍状態、またはアイス状態で食べるケーキです。スプーンですくって・・・食べ方を伺っただけでもうパブロフの犬になりそうでした。

 チーズケーキを買ってテクテクとまた家まで歩く午後。よく歩いたなぁ〜ふふふ、なかなかの私と思いましたが、考えてみたら先ほど歩いたのはランチの消費分、今歩いているのは右手にスッシリ重いチーズケーキの分で、チャラだなぁと・・・まぁチャラなら許されるかなと自分を甘やかした休日でした。

 

| 葉山便り | 23:50 | comments(0) | - | ↑TOP -
葉山のお正月
  少し遅くなりましたが・・・新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。
 皆様はどのようなお正月をお過ごしでしたか。私は年末は葉山を留守にしていましたが、元旦には戻り、ちゃ〜んと初詣に参りました。その初詣、もちろん森戸神社に行ったのですが、なんとものすごい列!!驚きました。
 元旦は晴れてはいたものの、風が強く海も荒れていました。その吹き付ける海風の中、1時間も並んでお参り、これはご利益があるに違いない・・・きっとみんなそう思って並んでいるのでは?

 お参りを済ませ海岸まで歩くと、寒い!!凍えました。でも、富士山がとってもきれいに見えました。森戸から海の向こうに雄大な姿を見せる富士山を拝むのは、とにかく気持ちがいい、いつも晴れ晴れした気持ちにさせてくれます。

 家までわずか5分足らずの道のりが我慢できず、とりあえず暖まってから帰ろうと、森戸神社の前のカフェ、manimaniでお汁粉をいただきました。う〜身体にしみわたる〜。

 ぬくぬくして帰宅後は、初詣も済ませたし、あとはこれこれ・・・おいしいワインね。イタリアのスプマンテで乾杯し、それからと考えたのですが??昨日飲んだワインの香りがまだ残っていて、なんだか他のワインを飲んでしまうのがもったいないような・・・。
 実は、大晦日は家族で食事をしモンラッシュとラトゥールを開けました。モンラッシュはともかくボルドーの王道ものはふだんあまり飲まないのですが(ブルゴーニュ好きということもあり、予算の関係上でもあり)弟所有のセラーから登場し、皆で楽しみました。
モンラッシュタトゥール
 ラトゥールを喉に通した時、さずが・・・思わずそうつぶやいてしまいました。初めの香りの広がりといい、味のふくよかさ、バランスといい、鼻に抜ける香りの余韻といい、文句のつけどころがなかったです。

 年が改まったというのに、昨年のワインの香りに思いが戻ってしまう元旦でした。こんなんで今年は大丈夫だろうか??
| 葉山便り | 20:25 | comments(0) | - | ↑TOP -
土鍋とケトル
 土鍋   
   まず荷ほどきしたのが、土鍋とほうろうのケトルです。 注文した照明機具がまだ揃わず、日が暮れるとロウソクが灯るキッチンで、この土鍋とケトルがなんと活躍することか・・・形や素材感に温かみがあり、その姿は薄暗い中でもほのぼのとした気分にさせてくれます。
   
   少し肌寒い頃、しゅっしゅと音をたてるほうろうのケトル、愛おしささえ感じてしまいます。いつもの紅茶がなんだかずっと美味しく感じて、ぬくぬくした気分です。
   
   お米を研いで「う〜ん、水加減はこのくらいかな?頼むよ!」と、土鍋のフタを撫でて炊き始めす。初めチョロチョロ、中ぱっぱ・・・です。湯気が出始めると共にお米の美味しそ〜な香りがしてきます。まだ、100発100中ではなくちょっと失敗の日もありますが(かなり失敗しているとも言えます)、そこがまた楽しい!!上手い具合におこげが出来た時などは、本当にほっぺがぷるぷるします。 週末はキノコの炊きごみご飯に挑戦です。
JUGEMテーマ:グルメ
| 葉山便り | 16:16 | comments(0) | - | ↑TOP -
葉山入り
 
  葉山の海
  夏の気配がとうに行き去り、冬の気配さえ感じられる頃・・・葉山入りしました。
 友人からは「せっかくなんだから夏のうちに引っ越せば良かったのに」「ぐずね〜」とさんざん言われましたが、
何をおっしゃいますか・・・葉山の本当に良いのはこれからの季節なんです。

 観光客が去ってひっそりとした海辺の街は、少し淋しくもありますがゆったりとのどかな時間が流れています。
肌寒い風を感じながら海岸で日向ぼっこしたり、夕陽が照らす海を見ながら散歩したり。
 そして陽が暮れたら、いろいろと美味しいものをいただきに出かけてゆきます。

 葉山は母の生ま育った場所であり、私にとっても幼い頃の夏の想い出が沢山つまったところです。いつか葉山暮しを、という念願がやっと叶いました。
 のんびりとした、美味しい、楽しい葉山暮しを、これからは時おり報告させていただきます。

| 葉山便り | 17:49 | comments(0) | - | ↑TOP -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE